設計その1設計その2
構造、装置など

快適、そして丈夫な船をお届けしたい。
そんな思いから、工夫をこらし、船を創りあげていきます。

船の荷重を支えるのは、構造基準を満たすFRP縦構造と
職人さんの技。

荒天で、強い引張力がかかるのが、構造部材です。強度を高める縦型構造を使用。一体化し、構造強度を高めています。

構造を連続させることで、荷重を分散し、強い構造を実現します。

構造材
良質な素材を採用。耐久力がさらにアップします。

安全
通路、階段に手すりを設置

剛性
形状を、外観、美観にも気を配り、見た目の美しさを兼ね、剛性を高めるように。

曲がりやねじれのないムク材、構造用集成材を適材適所使用。



船内に設置された吸込グリルから
空気を取り込み屋外へ排出、
全体の換気をコントロールします。

きれいな外気を室内に取り入れます。



Copyright (C) 2012 by ICB Co.,Ltd.